私たちの仕事

職種の紹介

企画・立案

商品開発・研究~生産

販売~販売支援~サービスサポート

事業企画
商品開発
サービスサポート

開発設計

X線診断装置、超伝導MRI装置、X線CT装置、超音波診断装置など画像診断機器や医療情報システム、検体検査装置のハードウェア・ソフトウェアを装置別に開発設計する。一貫した業務を扱う企業体制により、営業、営業技術、アプリケーションスペシャリスト、カスタマーエンジニアなど、医療の現場と常に接している部門からダイレクトに入るお客様の要望や課題を開発に生かしている。また国内外の学会や医療研究社グループとの交流、大学や医療機関との共同研究を積極的に行い、進化を続ける医療ニーズを多面的に把握。次世代の医療機器・システムの研究・開発に反映している。

生産技術

開発設計部門から届く新製品の仕様に基づき、新しい要素に沿う製造技術や生産ラインを設計する。高品質な製品をいかに効率よく生産するかを考え、必要な製造技術の開発や製造設備を選定。状況に応じて、技能者の手による組み立てか、製造設備による生産かを判断し、精度とコストのバランスを配慮した工程を組み立てていく。時には当社独自の製造設備を生産技術スタッフが開発・設計し、生産ラインに導入する。製品について深く理解し品質の安定化に努める一方で、品質トラブル時には生産ラインの問題点をいち早く見つけ出して解決するなど、エンジニアとして技術面から製造をサポートする。

技能(製造)

製品仕様に沿って、各種の医療機器を製造する。製品の心臓部となる検出器の部品加工・組み立てから最終組み立て、システム試験まで幅広い範囲を担当する。医療機器は大量生産品ではないため、自動化技術と人間の技能をうまく組み合わせた、調和のとれた製造ラインとなっている。一人ひとりが「故障の無い装置をつくる」ことを自覚し、出荷前の製品チェックまで責任をもって行う。設計者の意図どおり正しく動作するか、求められる性能が出ているか…。正確な作業と判断を積み重ね、経験とともに技術・技能が磨かれていく部門である。

国内営業

医療現場の多様なニーズに一貫して対応する当社で、全ての製品・サービスの窓口となるのが国内営業である。お客様の規模や地域によって担当を任された大学附属病院、クリニック、医療関連施設を訪問。ドクターはもちろん、技師や経営事務に関わるスタッフから現場の要望や解決すべき問題を聞き取り、トータルコーディネーターとして、医療業務のハード・ソフトの両面からお客様の病院経営に最適なプランニングをする。専門知識を持つ社内各部門のバックアップを受けた効率良い営業活動を展開し、当社の顔として信用・信頼を築いている。

海外営業

キヤノンブランドの医療機器・システムを世界に提供する当社は、アメリカ、ヨーロッパ、ブラジル、シンガポール、カナダ、オーストラリア、中国、トルコ、韓国、マレーシア、香港に現地法人を設置し、135カ国以上に販売・サービスネットワークを広げています。海外営業部門は海外現地法人9社と連携し、80を超える代理店を統括管理。本社のグローバル戦略に基づき、現地営業活動をマネジメントする。世界の国々や地域の文化・慣習を理解し、その市場に最もふさわしい営業を企画・管理する一方で、販売拡大を目指した製品別・地域別のマーケティングを重ねている。海外における学会や共同研究をサポートするなどあらゆる機会を利用し、ニーズの把握とシェアの拡大に努める。

営業技術

国内の営業拠点である東京本部事業と8つの支社をベースに地域の国内営業と連携し、商談を技術面からサポートする営業技術。臨床知識と装置機能の詳細知識を身につけた担当医療機器・システムのスペシャリストとして、豊富な専門知識をもとに、各診療領域専門のドクターや技師の要求に応じた製品やシステムを考え、医療現場の課題解決を提案する。展示会における製品の機能説明や商談での医療スタッフに対する説明会を担う一方で、製品を使用した共同研究や臨床評価のサポートも行う。また新製品開発のため、医療現場の最先端の声を開発担当技術者に的確に伝える重要な役割も果たしている。

アプリケーションスペシャリスト

臨床検査技師、放射線技師などの国家資格をもつ専門家として、X線、CT、MRI、超音波診断装置の臨床応用操作をサポートする。製品導入前のデモンストレーションに始まり、導入時にはインストラクターとして、担当ドクターや技師に操作方法などを現場で支援する。また各臨床専門領域を担当する先生方のそれぞれのニーズに応じたデータがアウトプットできるよう、装置臨床パラメータのカスタマイズも行う。こうして現場でつかむ声を開発部門と共有し製品開発に反映することや、ドクターや技師の方々との共同研究、学会発表の支援など、アプリケーションスペシャリストの専門知識が求められる場面は多く、その活躍が社内外で期待されている。

システムエンジニア

医療制度改革や医療費削減など国の施策により、医療サービスの仕組みが大きく変わろうとしている中、医療の現場で重要課題となっているのが効率的な病院経営である。システムエンジニアは、IT技術を活用し、医療の効率化と患者サービスの向上をサポート。病院それぞれのニーズにあった画像情報システム、電子カルテシステム、経営支援システムなどの運用を提案し、円滑な医療業務を支えるデジタル・ネットワークを構築する。医療現場の各領域から課題解決をはかり、全ての医療情報を有機的に連携したトータルシステムを提供する。画像診断装置の開発から携わる当社にしかできないシステムを設計し、医療の新たな価値を創造していく。

サイトプランニング

当社は、一級建築士事務所登録および建設業の許可を取得しています。当社の建築部門であるサイトプランニング部では、医療に関する専門知識を生かし、「病院開設」、「放射線科リニューアル」、レントゲン室に欠かせない「防護工事」、MRI装置の導入に必須である「シールド工事」など、幅広く手がけている。また、3Dやアニメーションを用い、最適な設置環境や医療スタッフの働きやすい環境を提案。患者さまにやさしい医療アメニティ空間の実現のために、医療機器や院内ITに精通した経験豊富なサイトプランニングスタッフが、レイアウト作成から工事監理までを支援し、医療と建築の橋渡しを行う。

カスタマーエンジニア

お客様のもとへお届けした医療機器・システムをいつも最良の状態でお使いいただくため、修理、保守、メンテナンス、オーバーホールに対応する。本社に設けたテクニカルアシスタントコールセンタと連携して全国68カ所のサービスセンタにて、トラブルの発生をはじめとする技術的な問い合わせに対処する。また海外現地法人をサービス技術面から支援し、世界主要国の医療現場で高度な技術を提供している。当社では地震や台風などの災害に備えた緊急バックアップ体制「広域災害発生時の行動基準」を整えており、災害時に急がれる医療機器・システムの安全確認・復旧作業にカスタマーエンジニアが責任を果たす。

スタッフ(経理・法務・総務・人事・知的財産・品質安全法規)

全社管理を担う中枢セクションとして円滑な部門活動と会社経営をサポートする。日々の円滑な事業活動と会社経営を支えているのが本社スタッフ部門である。全社の管理機能を担う中枢セクションとして、法務、総務、経理、知財、調達、企画・マーケティングの専門分野から各部門の活動をサポートし、社員が安心して働ける環境を整えている。